ヒト幹細胞とヒト幹細胞培養液の重要な働きとは

幹細胞はすばらしい細胞

約60兆個、200種類以上もの細胞が集まって、細胞ごとに役割を持っています。

でも、これらの細胞は、はじめはたった1つの「受精卵」なのです。

この受精卵は、何度も脂肪分裂を繰り返して数を増やしていき、その途中で「分化」というそれぞれの細胞が、自分の役割に見合う形や機能を身につけていくことで、60兆個、200種類以上もの細胞へと増殖・分化していきます。

 

しかしその中には、決まった役割を持たず、いろいろな細胞になれる細胞があります。これが『幹細胞』です。

幹細胞は、さまざまな細胞になることができる能力(多分化能)と、自分とまったく同じ能力を持った幹細胞をコピーできる能力(自己複製能)を持っているすばらしい細胞です。

幹細胞は、病気やケガをすると、SOSをキャッチして、傷ついている場所に集合し、集まった場所で分化・分裂をくりかえすことで、失われた細胞を再生しながら、組織の機能を回復させるという重要な働きをしているのです。

 

幹細胞の種類

『受精卵』『ES細胞』『成体(体性)幹細胞』の3つで、さらに他の細胞に分化できる能力の違いによって『全能性』『万能性』『多能性』の3つに分けることができます。

受精卵(全性能)

どんな種類の細胞にもなれる能力を『全能性』といい、この能力を持っているのは受精直後から約2週間後の受精卵たけで、生命の源です。胎児やそれを育てる胎盤など、生命体をつくりだす全ての細胞になることができます。

 

 

ES細胞(万能性)

受精卵は、2週間を過ぎて増殖・分化が進むと、胎児になる部分とそれ以外の器官になる部分に分かれます。胎児になる部分のことを、ES細胞(胚性幹細胞)といい、私たちのカラダを構成する全ての細胞になれる『万能性』を持っています。

 

 

成体幹細胞(多能性)

ES細胞には、胎児になるにしたがって消滅し、分化可能な『多能性』という能力をもつ成体(体性)幹細胞に変化します。

赤血球や白血球、血小板など、血液の細胞になれる『造血幹細胞』神経の細胞になれる『神経幹細胞』皮膚や骨、軟骨、脂肪細胞などになる『間葉系幹細胞』などがあります。

 

 

幹細胞の研究

幹細胞は再生医療に利用するために、研究が進められています。大きくは

『ES細胞』『iPS細胞』『成体(体性)幹細胞』の3つに分類されます。

 

ES細胞

全ての細胞になれる万能性があります。

 

 

iPS細胞

皮膚や血液から採取した細胞に、ある特定の遺伝子をいれることで、特定の役割を持つ細胞を、前段階のさまざな細胞になれる状態にもどしたのがiPS細胞(人工多能性幹細胞)です。

 

成体幹細胞

多能性の幹細胞ですが、ES細胞やiPS細胞と違い自分の細胞そのものを用いるため、とても安全で倫理的、遺伝子的な問題もありません。

成体幹細胞は、乳房の再建やシワの改善など形成外科的な組織の再建施術や、スポーツ選手のヒザ軟骨再生など、世界中で実用化されています。

 

 

幹細胞培養液とは?


紹介した研究は幹細胞そのものを使ったものですが、これらとは違うものとして『幹細胞培養液』を使った再生医療があります

幹細胞培養液とは、幹細胞を培養するときに、幹細胞が分泌する成分のことで、500種類以上のタンパク質成分が含まれており、そこにはサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれています。

 

化粧品成分として注目されているEGFFGFなどの成長因子(グロスファクター)はサイトカインの一種になります。

一般的な細胞を培養しても、これほど多くの栄養成分を分泌しないため、幹細胞独特の機能と言えるでしょう。

この成分こそ、世界で注目を集めている美容の成分なのです。

 

 

ヒト由来の『幹細胞』と『幹細胞培養液』

私たちのカラダの中には、さまざまな種類の『成体幹細胞』が存在しています。美容や医療の分野で、もっとも用いられているのは、皮下脂肪から採取した『脂肪由来幹細胞』です。

 

脂肪由来幹細胞は『間葉系幹細胞』という種類に分類され、筋肉(心筋)、軟骨、骨、脂肪細胞、繊維芽細胞といった組織をいい、限られた細胞に分化する能力を備えています。

糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞、肝機能障害、腎機能障害、アレルギー疾患などの治療が試されております。

 

脂肪由来幹細胞を培養した際に幹細胞が分泌する『脂肪由来幹細胞培養液』には、一般の細胞を培養しても分泌されないアンチエイジングに欠かせない成長因子などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)などが多く含まれ、ヒト由来の幹細胞化粧品表示名称では『ヒト脂肪細胞順化培養エキス』と言います。

 

 

植物由来の『幹細胞』、抗酸化と保湿

幹細胞コスメには『植物由来』と『ヒト由来』のものがあります。

植物由来の幹細胞コスメとは、植物の幹細胞を取り出して人工培養で増やし、得られた細胞から抽出したエキスを利用します。

代表的なもの・・・『リンゴ幹細胞エキス』『アルガン幹細胞エキス』

 

 

ヒト幹細胞と植物幹細胞の違い

細胞の表面には、特定の形をしたカギ穴(レセプター)があり、そのカギ穴にピッタリ合うカギ(リガンド)となる物質が結びついて、はじめて活性が始まります。つまり、カギ穴に当てはまるカギをさしてあげないとエンジンが掛からないのと同じなのです。

 

植物由来の幹細胞コスメには、抗酸化作用やうるおいを与える効果があるといわれていますが、植物の細胞にはレセプターとリガンドの仕組みはありません。(動物特有の情報伝達手段)、植物の場合は細胞膜のマイクロチャンネルという経路を通じて命令物質が出入りする仕組みですので、植物の細胞と人の細胞では、仕組みがまったく異なります。人の細胞のカギ穴(レセプター)にピッタリ合うカギ(リガンド)を持っているわけではないのです。

 

ヒト脂肪由来幹細胞培養液には、細胞のカギ穴に一致するカギとなる成長因子などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)そのものが豊富に含まれていることがわかっています。

組織再生効果があるとされ、再生美容の分野や化粧品の有効成分の可能性が、今後大いに期待されています。

 

しかし、ヒト脂肪由来と植物由来の幹細胞培養液とでは役割が違い、植物由来は再生能力はありませんが、お肌の表面を守る保湿力や潤い感が強みだと思います。

 

 

表皮の老化

肌は『表皮』『真皮』その下の『皮下組織』という3つの層で構成されています。

一番表面にある表皮は、肌の生産工場のようなもの。細胞をつくるもとになるお母さん細胞を『幹細胞』といいます。

表皮の底にある『基底層』には『表皮幹細胞』が存在し、新しい皮膚を生み出しています。

生み出された皮膚は、上へと押し上げられ、表面にたどりつくと、剥がれ落ちます。

これが肌のターンオーバーです。

 

また、基底層には、色素細胞の『メラノサイト』も存在しており、紫外線に反応してメラニン色素をつくっては、肌の内部に紫外線が侵入するのを防ぐ役割をはたしています。

メラニン色素は、古い皮膚とともに、ターンオーバーではがれ落ちますが、表皮幹細胞の働きが弱まると、皮膚が作られるスピードが遅くなり、ターンオーバーに時間がかかるようになります。

 

 

真皮の老化

水分を除いた真皮の約70%~80%は『コラーゲン』『エラスチン』『ヒアルロン酸』などのタンパク質で埋め尽くされており、肌のハリや弾力、うるおいが保たれています。

真皮には『繊維芽細胞』が存在し、分解と生成を繰り返しコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの細胞外タンパク質のサイクルの元になっています。

顔の表情は、皮膚の深くにある筋肉が伸び縮みすることで、皮下組織や真皮、表皮が変形することで現れます。顔の真皮がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などで満たされている人ほど、表情ジワができにくい状態になります。

繊維芽細胞の働きが弱まり、コラーゲンやヒアルロン酸などが減ってしまうと、反発力や柔軟性が失われ、顔のシワやたるみとなってしまうのです。

 

 

成長因子とは

細胞の増殖や分化を促進するタンパク質や『EGF』『FGF』などの総称です。

標的細胞の表面の受容体タンパク質に特異性に結合することにより、細胞間の信号物質として働きます。

 

『ヒト由来』の幹細胞コスメとは、幹細胞を培養したときに分泌される『幹細胞培養液』を配合した化粧品のことです。

幹細胞の研究において先端技術で誕生したこの原料は、幹細胞の培養過程から精製される肌のたんぱく質の複合体で、細胞の活性のカギとなる情報伝達物質やコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの細胞外マトリックスタンパク質、老化の原因となる活性酸素を除去するSOD(抗酸化酵素)などの酵素やビタミンなどが豊富に含まれており、保湿や美白はもちろん、新陳代謝、血行促進、抗炎症作用、育毛作用などの美容効果が期待できます。

肌老化の根本的な原因である細胞の衰えを改善することで、美肌を取り戻そうとする自己活性成分が『幹細胞培養液』です。

幹細胞を培養するときに、幹細胞から分泌される分泌液のことで、生理的活性の強いタンパク質成分などが豊富に含まれ、細胞を呼び覚まします。

細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれており、肌の抗老化、肌組織再生、頭髪発毛、肌の美白などの多様な効果を促進する高機能性生物素材です。

ターンオーバーを正常に戻すことで肌老化を根本から解決する効果が期待できます。

最先端の無菌施設から生成され、厳しい品質検査を通過。

消費者が安全に利用できるような厳格な品質管理を行っております。

 

※注 幹細胞を直接使用することではありません。